JAEA、回転運動によって操作された原子核スピンの直接測定に成功

写真提供:マイナビニュース
日本原子力研究開発機構(JAEA)は5月21日、高速回転運動する物体中の原子核スピン情報を測定する手法を開発したと発表した。詳細は、応用物理学会誌「Applied Physics Express」のオンライン版に掲載された。約100年前、アインシュタインは鉄の棒に帯びさせた磁気の量を変化させることで回転運動が誘起される現象を発見した。これは、物質の持つ磁気的性質と回転運動の間に密接な関係があることを示唆しており、その後の量子力学の発展によって、素粒子のスピンと呼ばれる性質を通じて 全文
マイナビニュース 05月22日 18時35分

Tags: , , , ,