頑張る女子のお悩み解決! 簡単肩コリストレッチ

肩コリには〇〇をほぐそう! 目からウロコの簡単ストレッチ

辛い肩こりをためていませんか?こまめにストレッチやマッサージでこりをほぐしましょう。

心身の疲れが溜まっているサインは、真っ先に肩コリ、背中の痛みとしてあらわれます。

これは座ったままの姿勢が長く、猫背姿勢などによるものと、緊張した体の力が抜けずに筋肉が凝り固まった状態だということです。

通常良質な睡眠を取れていれば、就寝中に寝返りをすることで体の緊張は取れますが、痛みが取れないということは、睡眠の質も落ちているはずです。

次に怒りや心配などネガティブなストレス感情により、体を硬くさせ、気血の流れを悪くしてしまいます。また、このところの寒暖差により無意識に肩がすくんだりして姿勢が悪くなり、ますますコリを悪化させてしまいます。

では、解決策は?こまめなストレッチ、これしかない!ということで、とても簡単に出来るストレッチをご紹介しましょう。

ストレッチをご紹介する前に、実践する際の注意点です。
・決して無理をせず、伸ばして気持ちのいい範囲で、じっくりと動作しましょう。
・伸ばす時には、息をゆっくりと吐くようにしましょう。
・伸ばした際に鋭い痛みを感じる方向はキープ時間を短めにしましょう。
・伸ばしている部位に意識を向けるように、自分の体に集中しましょう。

肩コリ解消ストレッチ:胸&脇腹をほぐせば肩がラク~&バストラインも綺麗に!?

肩コリを解消するには、肩の筋肉ズバリをほぐすだけでなく、脇の下に位置する前鋸筋(ぜんきょきん)と胸の筋肉大胸筋をゆるめることが大切です。脇の下の筋肉は肩コリを起こしている筋肉の反対側をゆるめます。脇の下の前側の筋肉である大胸筋は、肩コリを起こしてる背中側の筋肉の拮抗筋(きっこうきん)をゆるめます。

さらに胸を開く動作で大胸筋を刺激するので、バストアップ効果も期待出来ます。では、早速やり方をご紹介しましょう。

動作1

1.椅子や床に座り、両手を組み、手のひらを上に伸ばし、体側を伸ばします。


 

動作2

2.肘を曲げ両肘を掴みます。この時なるべく耳の横に二の腕がくるように脇の下や二の腕を伸ばします。



 

動作3

3.さらにゆっくりと体を左側に倒し、右の体側を伸ばし3呼吸繰り返します。



 

動作4

4.ゆっくりと体を正面に戻し、体を右側に倒し、左の体側を伸ばし3呼吸繰り返します。2-4の動作を左右3回づつ繰り返しましょう。

 
Tags: , , ,