運転中に忍び寄るリスク!ドライブでおブスになっちゃうNG習慣

趣味や仕事で、車の運転をする機会が増える大人の女性。風景を眺めながらのドライブは、気持ちの切り替えができるから好きという方も多いのではないでしょうか? 

しかし、ただ何気なく運転をするというのは、美容面では赤信号! そこで今回は、ドライブ好きは要注意な、”ドライブでおブスになっちゃうNG習慣”について、お話していきたいと思います。

 

■1:しかめっ面をする

ドライブをしていると、路面や建物、まわりの車からの反射光が気になりますよね。そして、そのまぶしさのせいで、眉間にシワを寄せ、しかめっ面になってしまうことがあります。

「短時間だから……」といって気にしないでいると、それが表情癖になり、くっきりとしたシワが刻まれてしまいますので、サングラスをかけるなどの対策をとりましょう。

 

■2:車内でメイクをする

「寝坊したから」「時間がないから」といって、車内でメイクをする方がいます。揺れる車内では、うまくメイクできないのは当たり前。それどころか、とても危険なのでNGです。

 

■3:エアコンをつけっぱなしにする

エアコンの暖房、冷房のどちらにしても、絶え間なく風が出ていることで車内の湿度は下がります。乾燥した空間で風にあたり続けると、肌はカサカサになり、シワができやすくなります。

さらに、目や鼻、口の粘膜からも水分が奪われて乾燥し、バリア機能が低下。ウイルスに感染しやすくなります。

特に、これからの季節に気をつけたいのが冷房です。冷房の風にあたって体が冷えると、血流が悪くなり、肌に栄養が行き渡らなくなります。風向きや、設定温度には注意してください。エアコンをつけっぱなしにしない、マスクをするなどして、肌や体の健康を守りましょう。

 

■4:紫外線対策を怠る

近頃は、運転中の紫外線対策をする方が増えてきましたが、「ちょっとだけなら……」といって、何もしない方がいるのも事実。紫外線は、容赦なく車の窓を通り抜けてきます。特に、4月~9月は紫外線量が増えるので、注意が必要。

指先や首の後ろまで日焼け止めを塗る、カーディガンを羽織るなどして、紫外線対策を万全にしましょう。

 

「ドライブのせいで、おブスになっちゃった……」なんて事態を避けるためにも、上記の項目には気をつけたいものですね。

 

【関連記事】

※ 今話題の「HSP」がスゴイ理由。肌運命が変わる!?

なぜそこに?「こめかみニキビ」ができやすくなるNG習慣3つ

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技

みるみる老けてオバ顔に!「口角が下がる」やりがちなNG習慣4つ

大豆を食べるだけじゃNG!「●●も整えないと効果なし」と判明

Tags: , , ,