簡単ヨガで、理想のおなかになる1ヶ月スケジュール

オススメポーズでお腹周りはスッキリ?完璧?

お腹はいろいろ溜まりやすい?! 脂肪や老廃物を排出するポーズで身心ともにスッキリしましょう。

お腹周りが気になる季節がそろそろ本格的に到来?! デパートでは、水着売り場も設置されるのを観ると、バケーション計画もあれこれ浮かんできませんか? 夏はやはりとことん楽しみたい! でも、先ずその前にお腹引締めないと! という女子のために、1か月でお腹周りをスッキリさせる方法をお教えします。

これからご紹介するのは、とっても簡単な3つのヨガポーズ。この中から、毎日どれか1つ選んで続けてみてください。1か月で、理想のお腹が手にはいるはず!では、早速ポーズの紹介です。


スプタ・ヴィーラ・アーサナ

このポーズは、食後すぐに行ってもOKです。食べ過ぎたかな?と言う時には、消化促進してくれるので気軽にトライして下さい。普段の生活で太もも前側を伸ばす動きは少ないので、意外と凝っています。筋肉をほぐし、血行を促進し、足の疲れ、むくみをスッキリさせてくれるポーズです。

■効果:
内臓と骨盤周辺を伸ばす 生理痛の症状緩和・関節炎・ぜんそく・下痢・消化不良
足の疲れ緩和に効果があるので、立ち仕事の人には特にオススメ 

■注意する点:
膝や太ももが痛いひとは、無理をせず出来る範囲で行いましょう。
膝を左右に大きく開く、完全に仰向けにならず途中まで背中を倒す、
厚めに畳んだブランケットの端を仙骨にあて、背中全体をブランケットに乗せ、膝に負担をかけないようにするなど、工夫してもOKです。

動作1

1.割座になる。この時、太ももとふくらはぎのお肉を外側にかき分けるようにすると、座り心地が安定します。膝が痛くなければ、膝をまっすぐ前に。痛い場合は、左右に開いて痛くない位置を確認。

 

動作2

2.両肘を床につけ、太もも前側、膝周辺を伸ばす。ここで脚がとても痛ければ、この状態をキープ。

 

動作3

3.そのまま上体を床に倒し、両手を頭の上で伸ばし両肘を掴み、お腹、胸を開きしばしこの状態をキープ。戻る時は、肘を床につけ元の位置に戻りましょう。


 
次のページでは、簡単&定番のヨガポーズをご紹介します。
Tags: , , ,