痩せにくくなる40歳からのダイエット方法 [食事ダイエット]

痩せにくくなる40歳からのダイエット方法

今までは痩せられたダイエット法が、40歳を過ぎてから効果が出なくなった!頑張ってもちっとも体重が落ちない!というアラフォー女子のためのダイエット方法をご紹介! 心身が変化を始める40代以降は、自分のカラダのことをきちんと理解することから始めましょう! それが、大人女子の成功法則!  


40歳過ぎてからのダイエットにはポイントがある!

40代以降はどうして太りやすい?

加齢とともに太りやすくなり、特にウエスト周りの腹部が太くなるのは、厚生労働省発表の「国民健康・栄養の現状」からも明らかになっています。それによると、30代以降、40代、50代、60代と年齢が上がるにつれて腹囲が大きくなっています。これは、加齢とともに筋肉量が減って代謝が悪くなることと、女性ホルモンのバランスの乱れが関係しています。

女性ホルモンが乱れてくると、それまではカラダ全体的に皮下脂肪がついていたのに対し、内臓脂肪が増えて男性のようにお腹だけが特徴的に大きくなる太り方になってきます。

女性ホルモンは女性らしいカラダのラインを作ったり、肌のツヤを保ったり、内臓脂肪をつきにくくしたり血液中の悪玉コレステロールが増えないようにするなど女性の美と健康を守る働きをしていますが、そのホルモンは生涯のうち30歳前後をピークに徐々にその分泌量が低下してきますので、その低下が顕著になる40代以降はホルモンの分泌量が減ることで心身に様々な症状や変化が表れるようになってくるのです。

ダイエット方法を変える時期はどうやって見極める?

女性ホルモンの分泌量が低下してくると心身に様々な不調が表れるようになってきますので、そのサインが出てきたら更年期の時期に向かい始めたことがわかります。身体的変化は、疲労感、ほてり、のぼせ、発汗、立ちくらみ、肩こりや腰痛がひどくなる、動悸、胸部圧迫感などで、精神的症状は、不安感、イライラ、無気力、神経質、孤独感、生きがいがなくなる、などです。健康診断で血液中の悪玉コレステロールや血糖値が高くなってきたらそれも1つのサインです。

これらは、どれか1つだけが症状として表れるというよりも同時に実感するというのが更年期の特徴です。これらの症状を度々感じるようになったら、カラダが変化を始めている時なので、生活習慣全体を見直してダイエットを進めていきましょう。

更新日:2014年02月21日

Tags: , , , ,