疲れ・だるさを残さない! 肩コリ解消ストレッチ

肩コリの原因は血行不良!?

辛くなる前に、まめに動かしストレッチ。これだけで、劇的に肩こりが楽になります!

皆さんはつらい肩コリに悩まされていませんか? ガイドもその昔、肩コリを放っておいたらひどい頭痛にまで発展したのをきっかけに、まめにストレッチなどで対策するように心がけています。まずは、肩こりの原因を探ってみましょう。
  • 長時間同じ姿勢による血行不良
  • 眼精疲労(長時間のPC作業やゲームによる目の筋肉疲労)
  • 姿勢の悪さ(椅子に座っている時の前傾姿勢や高いヒールなど)
  • ストレートネック(通常、頸椎は緩やかなカーブを描きますが、前傾姿勢などが原因で頸椎が真っ直ぐに並んでしまった状態。頭の重みがそのまま肩周辺にかかってしまうのが大きな原因と考えられています)
  • 筋力のなさ(日本人は肩に比べて頭が大きいので、成人で4キロ~5キロある頭を支えるだけでもかなりの負担)
  • 精神的な疲労・緊張
ざっと挙げただけでも、これだけある肩コリの原因ですが、共通していえるのは血行不良が大きな要因になっていること。だからこそ、ストレッチで血液循環を良くすることが、肩コリ解消には大切なのです。

肩コリ解消のポイントは肩甲骨!?

肩コリで一番最初にほぐしたいのが、肩甲骨周辺です。肩甲骨は上腕骨と鎖骨だけで繋がっているため、多くの筋肉(僧帽筋、小菱形筋、大菱形筋、肩甲挙筋、棘上筋)によって支えられています。しかし、普段の生活では腕を前、横に伸ばすなど簡単な動きしかしないため、肩甲骨周辺の筋肉はあまり使いません。

すると筋肉が硬くなり、血行不良になってしま、それが発展して肩コリになるのです。だからこそ、肩甲骨をしっかり動かすように意識し、ストレッチする必要があるのです。

Tags: ,