毎日アレを食べると「シミがなかったこと」になる優秀食材とは?

紫外線を感じる季節になりましたね。シミ予防、ちゃんとできていますか? シミ予防の美容液などたくさんありますが、お値段が高いがために、そこを節約してしまってはいませんか? 

スキンケアで予防するのもいいですが、普段の食事で内側から常にキレイでいられたらいいですよね。

そこで今回は、レシピサイト『Nadia』で、“出張料理人ひな”の愛称で人気を集めている料理家のひなさんに、シミを予防することができる食材について伺ってきました。早速、紹介していきます。

 

■若返り成分”アスタキサンチン”とは

シミを予防することのできる食材とは、“鮭”です。鮭に含まれるアスタキサンチンは、活性酸素を除去する力が非常に強いため、紫外線による光老化予防効果があると言われています。

さらには美白、視力回復、免疫力を高めたり、アンチエイジングや動脈硬化予防、血流改善といった様々な力を兼ね備えています。

 

■鮭の美容効果UP術

(1)紅鮭を選ぶ

アスタキサンチンは赤い色素。赤色が鮮やかな紅鮭に豊富に含まれています。

(2)1日1~2切れを目安に食べる

鮭を1日1〜2切れを目安に半年ほど食べ続けると、シミやたるみが消えたという研究例も出ているそうです。

(3)オリーブオイルで調理する

アスタキサンチンの効果が倍増するとされています。

(4)ビタミンCと一緒に摂る

アスタキサンチンの効果が倍増します。

 

■いくらが鮭よりも優秀な理由

鮭になる素の、鮭成分が凝縮された“いくら”にも、鮭と同等の含有率でアスタキサンチンが含まれています。さらにEPA、DHA、ビタミンDに関しては、親をも上回っているのです。

EPA、DHAとは不飽和脂肪酸で、これらはコレステロール値を下げ、脂肪燃焼に役立つ”ダイエット効果のある成分”ともされています。魚卵は太るからというイメージで避けていた方、時には、いくらを摂りましょう。

 

“鮭は美肌によい”というのは、何となく知っていた方も多いかもしれません。いくらは鮭以上に、健康によい働きをするようです。

ただ何事も、適量の摂取が大切。他の美容によい食材と組み合わせるなどして、楽しく美味しく食べて、キレイになれるメニューを心がけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった3分で作れる!料理家直伝の「美肌になれるスープ」レシピ

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技

※ グルテンフリーダイエットの盲点!「全く摂らないのは損」な理由

※ 驚きの若返り&ダイエット効果!簡単でおいしい「菜の花」レシピ

※ 食べても太らない人は体質じゃない?「スリムを維持する」心構え

 

【取材協力】

※ ひな・・・大阪生まれ兵庫・京都育ちの関西人。生まれ育った関西の味を、鎌倉・湘南・逗子を拠点にケータリングする『ひなや』の出張料理人として活躍。ケータリング慣れしたお客様にも好評で、ホームパーティから企業の懇親会、大使館での100人規模のパーティまで、全てひとりで仕入れから仕込みまで行う。自身の料理は、レシピサイト『Nadia』にも掲載中。

Tags: , , , , , , ,