思い込みダイエット法 太らないと思い込んで食べる! [簡単ダイエット]

食べたいものを好きに食べることは大事!

食べてしまう罪悪感

何かを食べたり、飲んだりするときに、ダイエット中は勿論、ダイエット中でなくても自然と「あ、これ太るかな?」とか「こんな時間に食べたら太るかな?」など、様々な葛藤やちょっとした罪悪感が出てきますよね。しかし、そんな葛藤や罪悪感を全て断ち切って食べたほうが太らないのです!

なぜ、葛藤や罪悪感を断ち切って食べた方が太らないのかについてこれから紹介していきます。

まずは、「罪悪感」が実はすごいストレスになっているということです。「ストレス太り」という言葉を皆さんはよく耳にすると思います。

1つはストレスにより分泌されるホルモンが直接肥満の原因となる場合、もう1つはストレスにより過食などの行動に繋がる場合とがあり、脳とホルモンの関係で、ストレスは実際に色々な肥満効果をもたらしているのです。

ストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール(副腎皮質ホルモン)」の及ぼす影響

コルチゾールは、ストレスにより分泌されるホルモンの代表です。コルチゾールが及ぼす影響をご説明します。

■免疫機能の低下
血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下をもたらします。また、脂肪の合成を促す働きがあるため、肥満を促進します。

■成長ホルモンの分泌の低下
体内の成長ホルモンの分泌量が減少し、その影響で脂肪燃焼が妨げられ脂肪が溜まります。成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれ、分泌量が低下することで肌も荒れてきます。

■筋肉量の減少
筋肉量が減る原因は大きく分けて2つあります。
1つはコルチゾールにより筋肉が糖に分解される現象、もう1つはタンパク質(筋肉)の合成が阻害され筋肉が増加しないという現象です。筋肉量の減少により、中心性肥満(胴体の中心に脂肪がつく肥満の形態)の症状がでることがあります。

■水分代謝の低下
水分代謝とは汗や老廃物を水分により体から排泄することですが、コルチゾールは抗利尿ホルモンなので、水分の排出を阻害します。すると、体内に水分を溜め込むようになり、腸に必要な水分がいかなくなると便秘にもなります。

■インスリンの過剰分泌
ダイエッターにとって「むくみ」「脂肪蓄積」は絶対に許せないですよね!
ダイエットには「エネルギー代謝」と「水分代謝」が活発であることが非常に重要です。

しかし、ストレスにより足りなくなった糖分を脳に供給しようとして、コルチゾールが分泌されると、筋肉が分解されブドウ糖に変わる新糖生という現象が起こり、血糖値を上昇させます。

血糖値の上昇により、インスリンが過剰分泌され、行き場を失ったブドウ糖は、脂肪細胞(とくに内臓脂肪)へと蓄積されることになります。

筋肉は血液やリンパ液の代謝を上げますから筋肉量が減ると老廃物の排出システムが妨害されます。そこに水分の排出自体を阻害する作用と重なり、不要な水分や老廃物が滞りむくみになります。ストレスは一生懸命なダイエッターほど強くそれが原因で逆効果になるのです。
まさに悪夢のサイクルとなります。

ストレス→コルチゾール分泌→むくみ・脂肪蓄積→ストレス……というような。

ストレスによる行動への影響

■セロトニン分泌量の低下/不足
セロトニンとは幸せのホルモンともよばれる、脳の神経伝達物質です。セロトニンにはストレスを軽減してくれる働きがありますが、ストレスが長期でかかると大量に消費され不足してしまいます。 甘い物に含まれるブドウ糖は、セロトニンの生成を助ける働きがあります。ストレスでセロトニンが不足してくるとそれを補充するため、無意識に甘いものが欲しくなったり、過食に繋がったりします。
食べても食べても満足感を得られなくなるとも言われてます。

■自律神経の乱れ
ストレスは自律神経にも大きく影響します。ストレスがかかると交感神経が刺激され、視床下部にある摂食中枢を刺激し、過食に繋がります。

更新日:2014年02月18日

Tags: , , , , ,