寝る前10分!ベッドタイムエクササイズ

脂肪を燃やし快眠誘ってリカバリー

ベッドの上は便利なエクササイズ空間。毎日活用していきましょう!
毎日が忙しく、カラダを動かす暇ない!! とお嘆きの皆さんはぜひご注目。ライフスタイルを変えることなく、運動を日々の習慣にできて、しかも同時に疲れも取れる、そんないいとこどりエクササイズがあるのです。

それは、寝る前の時間を無駄なくフル活用するベッドタイムエクササイズ! 寝る前のたった10分間ストレッチ&エクササイズするだけで、ボディラインとストレスをすっきりとリセットできるのです。どうして寝る前なの? というと、寝る前にエクササイズをすると睡眠中の成長ホルモンレベルがググッと上がるから。特に午後10時から午前2時まが大量分泌のピークと言われているので、この間ぐっすり寝れるように、エクササイズでカラダをほぐして、成長ホルモンにガンガン脂肪を燃やしてもらいましょう!

まずはストレッチで眠りの質を高める準備

では、まずカラダをほぐすヨガ・ストレッチからご紹介。カラダの緊張がとれないまま寝ると、肩こりの原因になったり、睡眠が浅いために新陳代謝も低下してお肌も荒れて……となりかねません。そこで、まずカラダ全体をほぐすヨガ・ストレッチを3つご紹介します。それぞれ、呼吸をゆっくり動きに合わせて、伸ばす、ねじるを意識して無理なくカラダをほぐしていきましょう。

【チャイルド・ポーズ】
このポーズは、上半身を伸ばしてリラックスさせてくれます。ゆっくり息を吐きながら、お尻を踵の上に乗せ、腕からお尻までゆっくり伸ばします。この時、腕や首の力は抜きましょう。

【針の糸通しのポーズ】
このポーズは背中や肩のコリを解消してくれます。上半身をねじり、左腕を右側へ。同時に右手は左太ももの辺りを掴みます。右肩を後ろに引くようにすると胸と顔が天井に向き、背骨からしっかりねじれます。反対側も同様に。

【片脚のガス抜きのポーズ】
このポーズはお尻からハムストリングをほぐし、内臓に溜まった古いガスを出してくれます。仰向けになったら、右膝を両手で抱え、息を吐きながらゆっくり胸に引き寄せましょう。伸ばしている左かかとは遠くに伸ばしましょう。反対側も同様に。

では、股関節のエクササイズからスタート。カラダの歪みの原因の1つに股関節周りの筋肉が硬くなり、可動域が狭くなる事があげられます。普段あまり伸ばしていない股関節まわりや太ももの内側などをゆっくり時間をかけて伸ばして歪みを調整してあげましょう。この部分、実はリンパも溜まりやすい箇所なので、しっかりほぐすとムクミや冷えを解消できます。

Tags: , ,