学校法人千葉国際、民事再生申請–千葉国際高など運営、負債30億円

写真提供:マイナビニュース
帝国データバンクは12日、私立千葉国際高校・私立千葉国際中学校を運営する学校法人千葉国際(大谷晋示理事長)が、7日付で東京地裁へ民事再生法の適用を申請したと発表した。負債は約30億円。申請代理人には泊昌之弁護士、監督委員には厚井乃武夫弁護士が選任された。同法人は1964年9月に設立。私立千葉国際高等学校および私立千葉国際中学校の経営を行っていた。これらの施設は中高共用となっており、校舎を中心に体育館、食堂、学生寮、運動場などを設置。以前から取り組んできた国際 全文
マイナビニュース 05月13日 10時25分

Tags: , ,