婦人科検診の受診率は先進国でワースト!? 女性がうけてソンをしない健診はどれ?

突然ですが、女性のがん死亡率1位が大腸がんであることをご存じでしたか? なんとなく筆者はピンクリボン運動などで啓蒙されている乳がんが1位だと思っていたので、驚きました。

とはいえ、身近な話題として「大腸がん検診をうけているよ」という話を耳にすることはほとんどありません。じつは受けておかないとまずい診断は、大腸がん以外にもあるのでは? という危機感を覚えました。

そこで女性が受けておくべき健康診断について消化器内科の今井光穂医師(平塚胃腸病院併設藤久ビルクリニック)に聞きました。

―大腸がんの死亡率が1位というのは知りませんでした。

女性の死亡するがんの部位は、

 1位 大腸
 2位 肺
 3位 胃
となりますが、かかる人の多いがんは、

 1位 乳房
 2位 大腸
 3位 胃
です。ただしこれはすべての年齢の女性を対象にした統計です。

40歳代の女性では、

 ・乳がん
 ・子宮がん
 ・卵巣がん
の死亡が多く、これらは高齢になるほどだんだん少なくなり、

 ・消化器(大腸、胃、肝臓)
 ・肺がん
が増えていきます。

―20~30代働く女性が受けておいたほうがいい検診は?

今、この記事を読んでくださっている方に問いたいのは、「あなたは、婦人科検診にいっていらっしゃいますか?」ということです。日本の検診受診率は先進国の中でも最下位と言われています。自分のカラダに不調を感じる前に、ぜひ予防的に検診に行くようにしましょう。

妊娠する前の方であれば、もうひとつ強調しておきたいのが、一般的な内科の検診です。血圧のほか、心臓や腎臓などカラダに問題がないか確認するのと同時に、感染症、甲状腺疾患、糖尿病にかかっていないかをチェックすることが大切だと考えています。

妊娠したあとにママのカラダが不安定になるだけでなく、赤ちゃんに影響が出るものもあるからです。

-乳がんに関してはどうですか?

30代後半から罹患率が上がり、40代後半の女性に多い乳がんは、
○ 40歳以下
○ 40歳以上
でオススメの検査方法が変わります。

<40歳以下の方>
・生理の終わったあと1週間の間に1度以下のチェックをしてみてください。セルフチェックは生理周期のたびに行います。「色や痛み、分泌物やしこりなどが乳房にないか?」「何かおかしいと感じることはないか?」あれば直ちに専門の医師に相談しましょう

・身内に乳がんにかかった方がいる場合は、1~2年に1度は検査しましょう。40歳以下の方は、乳房の表面をなぞるようにして検査をする超音波検査をすることが多いです

<40歳以上の方>
乳がんで亡くなる女性は1年間に1万2,000人。特に40歳から50歳代の女性では、もっとも多いがん死亡の原因となっています。

閉経前なら、生理の終わったあと1週間の間に、閉経後の方なら月に1度のペースにてセルフチェックを行いましょう。

40歳以上の方は、ぜひ検診に行ってください。医師による視診と触診、そして、マンモグラフィー(レントゲンを使った検査)と超音波検診を組み合わせて見落としないよう検診で検査してください。

―年齢やライフステージによって重点的に受けるべき検診は変化するのですか?

そうです。女性はそれぞれのライフステージによりホルモンの影響を受けるため、年齢によって気をつけたい病気も変わってきます。これは、乳がんだけに限ったことではありません。

<18歳から40歳前半の女性の場合>

もっとも女性ホルモンの分泌が安定する時期です。ただ、この時期の不摂生な生活習慣は、中高年になると生活習慣病として出てきやすくなりますので、食生活、運動、睡眠を大切にしてください。

この時期に検診を受けていただきたいものとしては、やはり婦人科検診です。

そして、検診とは話がそれますが、内科的に患者さんが多く、20歳~40歳台の女性に気をつけていただきたいのが、甲状腺やリウマチに代表される膠原病(こうげんびょう)。これらは、一般的な検診の検査の中では診断ができませんので、気になる方や症状のある方は、病院で相談してください。

―死亡率1位の大腸がんについては?

大腸がんは40代からかかる人が増えはじめ、60歳代でもっとも多くなります。大腸がんの家系の方であれば検診を。便が急に細くなった、血便や黒い便がでるほか症状のある方は、病院で相談してみてください。

(聞き手:小池直穂)

監修:今井光穂
平塚胃腸病院併設藤久ビルクリニック勤務。東北大学医学部を卒業後、都内総合病院勤務。東京大学大学院にて学位を取得後、現職。大学院時代は、癌の研究に従事。専門は一般内科、消化器内科。現在は上下部内視鏡検査などの消化器科の診療や健診業務を主に行っている。

「癌から一般的なお悩み相談まで気軽に相談できる医師になりたいと思っています。特に女性の方は、ほかのことを優先する代わりに、自分の身体のちょっとした不調をがまんしてしまいがちです。生き生きと輝くためにも、身体を大切にしてほしいなと思っています。女性の方には、がまんしないで、健康に気をつけてほしいなと思っています」。

取材協力:En女医会
En女医会は全国で150人以上の女性医師が参加している、女医が医師としての仕事をしながら、プライベートも社会貢献も楽しみながら活動しようという会です。定期的な会合で、会員同士の親睦を深めるとともに、ボランティア活動や、医療知識や経験を活かしてさまざまな企業との商品開発を行い、利益の一部を寄付したり、雑誌やテレビ、ラジオ等に出演して健康や美容についてよりよい情報を発信したりしております。

Tags: , , , , , ,