夏前に!注目の「塩レモン」で代謝アップダイエット

「塩レモン」でムリなく痩せ体質に!

身近な食材レモンを使った「塩レモン」に注目!

最近、テレビなどでも取り上げられブームの兆しをみせている「塩レモン」。

そもそもレモンはとても身近な果物なのに、意外と使い道は狭いのが事実。しかし、今回ご紹介する「塩レモン」は、酸っぱい果汁はもちろん、いつもの料理を美味しく変身させるほか、痩せやすい体づくりにも役立つとか!?

そんな、「塩レモン」を作り方からダイエットに役立つ活用術まで、今回は詳しくご紹介します!

「塩レモン」のダイエット効果とは

「塩レモン」とはレモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたもので、北アフリカのモロッコでは調味料としておなじみだそうです。

塩とレモンを合わせることで、素材の持つうま味や甘味を引き出すなど、様々な料理のおいしさアップする効果がありますが、なかでも嬉しいのが以下に挙げるダイエット効果!

・ レモンのクエン酸が糖質の代謝を活発にし、エネルギーとして効率よく変えてくれる
・ 塩分摂取量を控えることに役立つことから、むくみ予防に期待
・ 酸味や塩味によって唾液の分泌を促進。消化酵素が糖質を分解し消化をスムーズに
・ 香り成分リモネンでリラックス効果。食べすぎを予防。

「塩レモン」をふだんの料理に加えるだけで、おいしくダイエットができるというわけです。

「塩レモン」の作り方

「塩レモン」の作り方はとても簡単です。

<用意するもの>
・レモン3個
・粗塩 50~60g
・保存容器

1 レモンを切る
レモンをよく洗い水気を切ったら、ヘタを切り落とし、レモンの皮ごと半分を輪切りに、半分を乱切りにする。*レモンは皮ごと使います

2 塩とレモンを詰める
保存容器に塩、レモンの順に交互に重ねて入れる。手で上から押してレモンの果汁を出すと塩とよくなじむ。

3 1週間ほど漬ける
冷蔵室で1週間ほど漬ければ完成。保存目安は3ヶ月。
Tags: , , , , , ,