反り腰の人必見!ストレッチを加えてスッキリ下腹に

この下腹、なんとかしたい……

あこがれのスッキリ下腹

年をとる毎になんだか下腹部の贅肉が増えて行くような気がする……お腹まわりの目立つ、ぴったりぎみの服なんて憧れるけど、絶対着られない!と、つい下腹を覆い隠した洋服を選んでいらっしゃる方、沢山いらっしゃるのではないでしょうか?


 

ポッコリ下腹になってしまう人はこんな人に多い

女性は、ホルモンの関係で、どうしても下腹部や腰からお尻まわりにかけて余計なお肉がつきやすいもの。でも、他の人に比べて、自分は下腹部にお肉がついていると思っている人の中に多いのが、反り腰タイプの姿勢の人なのです。

反り腰の姿勢は、一見背筋がとても綺麗に見えたりしますが、実は正しい姿勢ではありません! 反り腰タイプの姿勢の人には、腰痛や、股関節のトラブル、肩こりでお悩みの方が多いはずです。

反り腰とは、本来正しくあるべき腰の弯曲が、重心や身体の軸の崩れによって、過剰に前方へ弯曲している状態のことを言います。それにより、骨盤が前に倒れてしまい、腰が硬く緊張した状態になり、反対側の腹筋(特に下腹)が前に押し出され伸ばされてしまうのです。

反り腰は、猫背の人や、肥満の人もなりやすいですが、今回は、一見背筋がよく見える反り腰タイプの人が、ポッコリ下腹になるのを改善するためのエクササイズをご紹介します。

こんなタイプの人はいくら下腹を鍛えるエクササイズをしてもなかなか効果が出ない

反り腰タイプの人が、下腹を鍛えるエクササイズを頑張って続けてもなかなか効果が出ないのには理由があります。それは、腰が反っていることによって、下腹部の筋肉が伸びきってしまい、正しく機能できない状態にあるので、いくら下腹部を鍛えるエクササイズをしても、効率よく鍛えられていないことが考えられます。

反り腰タイプの人は、まずこわばり筋である腰をストレッチし、しっかり腰をほぐしてから、下腹部を鍛えるエクササイズをすることで、効率的に下腹部に刺激を与えることができます。腰のこわばり筋をほぐすことで、骨盤が前方へ弯曲するのを一時的に改善することが可能になり、反対側のお腹の筋肉に、刺激が行きやすくなるからです。

今回は、私のお気に入りでもある、1,000円前後で購入できるゴムボールを使ってのビューティー筋エクササイズをご紹介します。このボールを使うことで、本当に簡単に下腹に効かせることができます。ゴムボールは、他のエクササイズ用途にも沢山使えますし、今後の記事でも登場することが多々あるかと思いますので、ご興味がある方は、是非購入してみてください。

丸めて伸ばして、スッキリ下腹に!簡単2ステップエクササイズ

■ステップ1 15秒静止

こわばり筋ストレッチ1

1. 頭は床に着けたまま、腰をしっかり伸ばすようにして身体を丸める。

 
■ステップ2 左右交互に合計20回

ビューティー筋エクササイズ1

1. 腰とお尻の間(腰の弯曲部分より少しお尻側)にゴムボールを置いた状態で寝て、両足を天井に向けて上げます。その時、両足が上半身の方に倒れないように、足裏がしっかり天井に向いているのを確認してください。両手は身体の横です。

 

ビューティー筋エクササイズ2

2. 膝を曲げないで、足をしっかり伸ばした状態でゆっくり左足を床ぎりぎりまで降ろし、左足をもとの位置に戻しながら、今度は右足を床ぎりぎりまで降ろす。これを繰り返します。イメージとしては足をゆっくりバタバタさせている感じです。

 
是非一度やってみて下さい。辛いと言う感じよりも、気持ちいい!スッキリ!と言う感覚になってもらえると思います。
Tags: , ,