効果に差が出る! スクワットの正しいやり方

エクササイズの基本:スクワットを極める!

正しいフォームで実践していますか? 基本を押さえて効果を最大限に!

普段から「スクワット」をワークアウトメニューに加えている人も多いかもしれません。ガイドも全身引締めには、これだけで十分?と思うほど、その効果を感じているので、テレビを観ながら、歯を磨きながら、お料理をしながら、と気づけば「スクワットを実践」しています。

これだけ効果を感じられるスクワットですが、一方で「辛いだけで効果を感じられない」と思っている人もいるかもしれません。それは、もしかしたらやり方が間違っているかも。そこで、今回はスクワットの絶大なる効果を感じて頂けるように、正しいやり方を身に着けましょう。


そのスクワット、本当に正しく動作出来てる?
正しいフォームをチェック!

効果を最大限に引き出すためには、時にはフォーム確認も必要です。

多くの人が陥りがちな間違えやすいポイントを確認してみましょう。

まずスクワットで意識するポイントは、膝の位置です。
■ありがちな間違え:膝がつま先よりも前に出ている。
■体に与える影響:膝に負担が掛かり、すぐに疲れてしまいます。また、膝を痛める可能性があります。
■改善するには?:脚の付け根を踵の方に押し出すイメージで、膝が前に出ないように意識しましょう。

次のポイントは、腰です。
■ありがちな間違え:膝を曲げた時に、腰が反ってしまう。
■体に与える影響:腰に負担が掛かり、本来鍛えられるべき体幹に全く効果がない。
■改善するには?:お腹は腰を押すように腹筋を使い、腰はお腹を押し返すように背筋を使い、体幹(腰回り)を安定させましょう。

最後のポイントは、つま先です。
■ありがちな間違え:つま先が左右平行になっていない。
■体に与える影響:つま先と股関節、ひいては骨盤や上半身は繋がっているので、つま先はいわば体の土台の役目。このつま先が内側に向いていたら、骨盤の位置が左右均等に保たれず均等に負荷をかけることが出来ず、効果も半減です。
■改善するには?:つま先を左右均等にする。もしくは、踵の一直線上に膝がくるように意識しましょう。

では、次のページから動作をみてみましょう。
Tags: ,