ベビーと一緒に産後エクササイズ! [産後ダイエット]

よつん這いエクササイズで、産後アイコンタクト!

ベビーはママの優しいお顔を見るのが大好き!

笑顔で優しく接してくれる、ママのお顔を見ることがベビーは大好きです。新しい物を発見した時や何か不安がある時も、ママのお顔を見てからそれが安心なのかどうかを判断しているとも言われています。笑顔で見守ることや大丈夫だよ!と優しく声をかけることは、例えベビーがまだ話せないとしても本能で理解してくれているのです。

そんなママとのコミュニケーションが大好きなベビーとアイコンタクトしながら、話しかけたり子守歌を唄ってあげることも出来る、よつん這いでのエクササイズのご紹介です。布団やカーペットにベビーを仰向けに寝かせてお顔を見ながら一緒に楽しんで行ってみましょう。

今回はももの裏側と一緒にお尻を使う『アイコンタクトdeヒップアップ』と、動きは地味ですが、体幹を強くして整える『アイコンタクトde体幹エクササイズ』です。


『アイコンタクトdeヒップアップ』でもも裏も使いましょう~

頭頂と尾骨で引っ張り合いをしておきましょう。

1、 よつん這い(両手を肩の真下、両膝を腰骨の真下へ)になり、頭も背骨の延長にくるように首を長くします。頭頂としっぽの骨(尾骨)で、引っ張り合いをするつもりで長いラインを作っておきましょう。その時にベビーが上を向くようにし、右手と左手の間に寝かせ、目を合わせながら姿勢をとってみましょう。足首を曲げ、つま先は床を押すようにしておきましょう。

 

姿勢を崩さず脚を上げましょう

2、 息を吸って吐きながら、右脚の腿をお尻の高さになる位まで、付け根から持ち上げましょう。足首を曲げ、ふくらはぎを伸ばしたままにしておきます。余裕があれば、膝をお尻の高さよりも少し上まで持ち上げます。息を吸いながら脚を床まで戻し、反対脚も同じように動きましょう。左右交互に各脚3回くらいを目安に行います。

脚を動かしている間も体幹を安定させ、腰が反らないように体のラインを保ちましょう。

 


膝を浮かせるだけ!『アイコンタクトde体幹エクササイズ』

頭頂と尾骨で引っ張り合いをしておきましょう。

1、よつん這い(両手を肩の真下、両膝を腰骨の真下へ)になり、頭も背骨の延長にくるように首を長くします。頭頂としっぽの骨(尾骨)で、引っ張り合いをするつもりで長いラインを作っておきましょう。その時にベビーが上を向くようにし、右手と左手の間に寝かせ、目を合わせながら姿勢をとってみましょう。足首を曲げ、つま先は床を押すようにしておきましょう。

 

床から膝を浮かせてみましょう

2、 息を吸って吐きながら、床についている膝を1~2cm浮かせてみましょう。上半身の長さを保ち、腰が反らないようにお腹を引き締めながら、バランスをとり5秒ほどキープします。膝が浮いた時も首を長く保ち、楽な呼吸を続けておきましょう。この膝の上げ下げを5セットくらい行います。

 

どちらのエクササイズも背中を長く、背骨の長さを保つことも大切になります。お腹をいつもより少し凹ませた状態で、長い首をイメージしたまま行ってみてください。ベビーがハイハイをするようになってきたら、今度はその上でハイハイを一緒にしながら、止まったらエクササイズタイムと思って楽しみながら行ってみてください。

更新日:2014年02月13日

Tags: , ,