フードアレルギーや栄養の管理もこれで完璧!食べ物用センサー「TellSpec」

蕎麦や小麦粉、ピーナッツなどなど、時には命取りにもなる食物アレルギー、そんなアレルギーのため食事のたびに気を遣っているという人、朗報です。カナダの「TellSpec」社が開発した、薄めのパソコンのマウスほどの大きさのセンサーを使えば、簡単なボタン操作でレーザーを食べ物に発射することで、アレルギーの原因となるアレルゲン食材などをはじめ、その食べ物に含まれるあらゆる食材、カロリーまでも明らかに!

【アレルギーは食べ物で悪化する「アルコール」「スパイス」】

開発者によると、この装置から送られた光線が食べ物の分子中の光子を調べ、波長などによりそうした光子を振り分け、食品中に含まれる化合物を解読。このため、隠れたアレルギー食材などを発見し、解読した食材に関するデータをスマートフォンなどの専用アプリに送る仕組みになっているのだそう。

驚きのハイテク発明、と思いきや、実はこうした「分光計」と呼ばれるものは既に数十年前に開発され、様々な物質の素材の分析から他の惑星の成分の調査にまで、様々に利用されています。米航空宇宙局(NASA)では現在、任務の一環として火星表面の調査に利用中です。

今は試作品段階のこの製品、2014年後半に販売開始予定で、「TellSpec」社のウェブサイト上で320米ドル~で予約受付中です。初年度は無料ながら次年度以降は月8ドルほどのメンバー費が必要になるとのこと。

自分の食事の内容を完全に把握して食べれば、アレルギー対策もカロリーコントロールも思いのまま?!

参考:New Device Shoots Lasers at Your Food to Reveal Calories
http://abcnews.go.com/Health/device-shoots-lasers-food-reveal-calories/story?id=21571221

Tags: , , , ,