ファスティングで若返り!長寿遺伝子をONにする方法 [断食・ファスティング]

ファスティング(断食)で若返り

ファスティングで若さと美しさを取り戻せるのには、長寿遺伝子が関係している?

ファスティング(断食)の嬉しい効果の1つとして、アンチエイジング効果があげられます。ファスティングを正しく行うことで、若さを取り戻し、綺麗になることは多くの方に知られており、また体感している方も増えてきています。

人は誰もが、老いを恐れ、いつまでも若々しくありたいという願望を抱いています。その夢が叶うキーとなるかもしれない「長寿遺伝子」の研究が、実は今、急速に進んでおり、その遺伝子とファスティング(断食)にも密接な関係があることがわかってきています。

長寿遺伝子とは

老化を遅らせ、寿命を延ばすとされている「長寿遺伝子」は誰もがもっています。

アメリカのマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士によって、2000年にサーチュイン(Sirtuin)という長寿遺伝子が発見されました。 サーチュイン遺伝子は、人間に限らず、どんな生物にも存在していて、実際は、1つの遺伝子ではなく、Sir1からSir7まで発見されており、サーチュインファミリーとも呼ばれています。

これらの遺伝子からつくられるサーチュイン酵素は、次々に連鎖反応を引き起こし、最終的に100以上もの方法で、老化を抑制し、さまざまな病変を修復させることが分かっています。その中には、ミトコンドリアの修復や、免疫細胞の調整、動脈硬化の抑制なども含まれます。この遺伝子の中で、最初に発見されたのが、サーツー(Sir2)と呼ばれる遺伝子で、酵母菌の中から発見されました。Sirとは、「サイレント・インフォメーション・レギュレーター」の略で、「静かなる情報を規定するもの」という意味です。

ガレンテ博士は、サーツー(Sir2)遺伝子を取り除くと、酵母が早死にし、逆に増やすと長生きすることを解明しました。人間の場合は、10番目の染色体に存在していることがわかっています。

長寿遺伝子をONにするのは?

赤ワインに含まれるレスベラトロールも長寿遺伝子を作動させる栄養素として注目されている。

長寿遺伝子は普段はOFF状態。そこにスイッチを入れ、ONにする方法こそが、「摂取カロリーの制限」なのです。人類は長い歴史の中で常に''飢餓''との背中合わせでした。飢餓が続くと、子孫を残すという重要な任務が果たせないで終わります。そこで、栄養がきちんと届き、繁殖のチャンスが到来するまでの間、寿命を延ばし、生命力、生殖力を高めるために、長寿遺伝子が作動し始めるのです。まさに飢餓の時代が生んだ生き延びるための対策です。現代人は飢餓に見舞われることはないですが、普段よりも30%カロリーを制限した生活を続けることで、長寿遺伝子にスイッチが入るのです。

また最近の研究では、ぶどうの皮に多く含まれるポリフェノールの一種である、「レスベラトロール」という成分やインドネシアの植物「メリンジョ」も長寿遺伝子を活性化させるということがわかっています。

私達の老化スピードを遅らせる方法は、誰でもできる簡単な生活習慣の見直しでした。毎日30%のカロリー制限を継続できない場合はどうしたらいいの? 次ページで解説致します。
Tags: , , , , ,