ダイエット成功の鍵は眠り!痩せるのに「睡眠が一番大事」な理由

ダイエット中の女性にとって一番の苦しみは、自分の志とは裏腹に、美味しいものが欲しくなるときでしょう。そんな誘惑にも打ち勝つ強い意志が、やっぱりダイエット成功には必要なのでしょうか? 実は、答えはノーです。

人の食欲を増進させたり、抑えたりするのは、レプチンとグレリンという2種類のホルモンによって作用されていることがわかったのです。

しかもそれは、多すぎず少なすぎない微妙なバランスのときにはじめて、期待通りに働いてくれるとのこと。このやっかいなホルモンについてお話しましょう。

 

レプチンとグレリンの微妙なバランスが必要

レプチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、その分泌量は身体が蓄えている脂肪量によって影響します。

脂肪が増えてくるとレプチンの分泌量も増え、満腹中枢や交感神経に働きかけて食欲を抑制してくれます。逆に脂肪が減るとレプチンも減り、今度は生命維持のために、胃からグレリンというホルモンが分泌され食欲を促してくるのです。

このレプチンとグレリンのバランスが上手にとれないと、脂肪を理想通りに減らして美しいボディを手に入れるのは難しいというわけ。ダイエットでよく起こるリバウンドは、急激に脂肪量が減ったときにレプチンが減り、逆に食欲を増進させるグレリンが多く分泌されてしまう、この仕組みが原因なのです。

しかし、恐ろしいことに脂肪増加が激しいときは、レプチンが多量に分泌されても食欲抑制の効果が得られないのです。また他のホルモンと同様に、睡眠不足などによってレプチンの分泌量が減ってしまうのです。

つまりダイエットのためには、このレプチンとグレリンが、程よいバランスで分泌されるように整えてあげることが、誘惑に負けない強い意志よりも大事ということなのです。

 

睡眠がすべての鍵

ではレプチンの分泌を減らさず、グレリンを増加させないためにできることは何でしょうか。

この2種類のホルモンの分泌には、脂肪量の他に睡眠時間が大きく関わっていることがわかっています。睡眠不足が続くとレプチンが減り、グレリンが増えてしまうのです。このため、十分な睡眠をとることがとても大切です。

この他にできることは、”酵母ペプチドDNF-10”という成分をサプリなどで摂ること。これは近年、韓国で発見された自然由来の成分で、グレリンの分泌を抑制することが研究で解明されつつある、注目の成分です。

 

誘惑に負けない強い意志は、あった方がよいのかもしれません。ただ、それよりも身体が本来通りにきちんと働いてくれるように、十分な睡眠をとることがダイエットにも必要だということですね。

 

【関連記事】

ダイエットの強い味方!「コンビニ食で痩せる」低カロリー品4つ

簡単すぎて笑える!ダイエット成功者が実践している「ちょっとしたコツ」3つ

プロが断言!ダイエット成功の秘訣は「3倍高い食べ物を買う」こと

※ 【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

「眠らないと太る」は本当だった!睡眠不足はダイエットに悪影響

Tags: , , , , , , , , ,