ダイエット中も食べてよし!「ダークチョコレート」がもたらす意外な効果7つ

「甘いものは美容にも健康にも悪いし……」なんて、大好きなチョコレートを我慢しているあなたに朗報です! “ダークチョコレート”は、普通のチョコレートに比べ、カカオ含有度が高く糖分が少ないため、健康や美容によい、様々な効果があるというのです。

今回は、アメリカのウェブサイト『Rodale News』の記事を参考に、“ダークチョコレートがもつ意外な効果”7つを、ご紹介します。今日のお買い物の際に、早速ダークチョコレートを買って食べちゃいましょう! 

■1:肌が潤う

ダークチョコレートには抗酸化物質が普通のチョコレートより多く含まれます。そのため、肌の乾燥を防ぎ、潤い効果を持続させる効果があるそうです。ヨーロッパで行われた実験によると、ダークチョコレートを12週間食べ続けた場合、肌の乾燥度がなんと25%も減少したとか! 

さらに、イギリスで行われた実験では、ダークチョコレートを12週間食べ続けた被験者は、肌にダメージを与える紫外線から肌を守る効果が2倍に増加したそうです。

■2:歯を強くする

糖分の多いチョコレートを食べれば、もちろん虫歯の原因になりますが、カカオ豆自体には歯を強くし、虫歯を防いでくれる効果があるといいます。ダークチョコレートにはカカオ豆が豊富ですので、歯を強くしてくれる効果が期待できます。

■3:食欲を抑えてダイエット効果

一般的なサイズのダークチョコレートには、1枚につき約4gの繊維質と、8~9gのたんぱく質が含まれています。そのため、食べたときに得られる満足感も栄養度も高い傾向にあるそうです。

さらに、オランダで行われた実験では、カカオ含有度の高い(85%)をダークチョコレートの匂いを嗅いだだけで、嗅いでいないグループよりも食欲が半分に減ったという結果も得られているようです。

■4:心臓を健康に保つ

ダークチョコレートに含まれるカカオバターの脂肪分は、体内で“オレイン酸”に変化し、善玉コレステロールを増やすという体に良い効果があるそうです。おまけに、カカオには動脈の炎症を防ぐ効果があり、心臓を健康に保ってくれるといいます。

■5:集中力アップ

チョコレートには、脳内の血液循環を活発にする働きがあり、食べればいつもより集中力が増すといわれています。仕事中に「今日は集中力に欠けるな」という日は、ダークチョコレートを食べながら仕事に取り組むと、効果があるかもしれません。

■6:心を落ち着かせる

ストレスが発生すると、人間の体内には“コルチゾール”という物質が分泌されます。コルチゾールの分泌量が多いと、うつ病や心臓病の原因となる可能性も! しかし研究によると、チョコレートを2週間、40gずつ食べ続けた結果、体内のコルチゾール値が減少したそうです。

さらに別の研究では、1ヶ月間毎日カカオ製品を食べ続けた被験者が、食べなかった被験者よりも不安感の度合が10%減少したそうです。ダークチョコレートには心を落ち着かせてくれる効果もあるようです。

■7:エクササイズの効果を促進

カカオには、抗酸化物質“カテキン”と“エピカテキン”が含まれています。これらには、筋肉の栄養素吸収度を促進する効果や、エクササイズ中のエネルギーレベルの上昇を助ける効果、エクササイズ後の筋肉痛などを和らげる効果があるといいます。

また、カカオには炎症抑制効果もあるため、エクササイズ後の疲労回復にも力を発揮するそうです。エクササイズをする際のエネルギー補給に、ダークチョコレートがうってつけです。

以上、“ダークチョコレートがもつ意外な効果”7つをご紹介しましたが、いかがでしたか? 

もう、「ダイエット中なのにチョコがやめられない!」なんてストレスとはおさらばです。食べすぎはもちろんNGですが、大好きなチョコレートを、今日からは堂々と楽しんでくださいね。

【関連記事】

※ 恥ずかしすぎるアノ事故を回避!「デート前に絶対NGな食べ物」8つ

※ ストレスで気が狂いそうなときに!イライラ解消に良い食べ物8つ

※ 女性の8割を悩ます「便秘」改善にオススメの食べ物4つ

※ やる気不足に!食べて「ココロの元気を取り戻せる」食品の選び方

※ 不妊症や死産のリスクも?放射能からあなたを守る食品8個

【参考】

※ 7(Legitimate!)Health Benefits of Dark Chocolate – Rodale News

Tags: , , , ,