ダイエット中に食べる事ばかり考えちゃう人の対策 [食事ダイエット]

ダイエット中はなぜ、食べ物の事ばかり考えるの?

ダイエット中だから食べない!と我慢しているのに、そう思えば思うほど食べることばかり考えてしまい、結果、食べ始めたら止まらなくなりドカ食いに走ってしまう。そんな悩みを抱えているダイエッターは、ほぼ間違いなくダイエットを続けられずに失敗しているか、もしくは成功してもリバウンドしてしまうケースが多いことがダイエット個別指導の中でわかっています。しかし、その原因がわかれば対策もきちんと見えてきます。さて、あなたの「食べることばかり考えてしまう」原因はどれ?


タイプ1:カロリー制限や糖質制限をしているエネルギー不足タイプ

食べることばかり考えるてしまうのはカラダからのサイン!

このタイプは、過度のカロリー制限や糖質制限をしている人に当てはまります。ダイエット=食事量を減らすことばかりを重視してしまい、カロリー制限をしたり、主食を摂らない糖質制限ダイエットをする人も多くいますが、それが「食べることばかりを考えてしまう」原因です。

そもそも食べ物はカラダを動かすためのエネルギー源です。それが日常的に不足していれば、カラダはそれを異常事態と判断し、それを脱するために脳から「エネルギーの高いものを食べろ!」と指令が出されます。

それに従い、カラダはエネルギーを欲するようになる、つまりいつでも「何か食べたい……」という状態になるのです。食事量をセーブすればするほど、カロリーの高いものやお菓子など、エネルギー源となる糖質や脂質量が多いものを好んで食べてしまう食行動の原因はそこにあります。

エネルギー不足タイプの対策

主食をしっかり毎食食べるようにすることでその欲求も次第に治まってきます。カラダに必要なエネルギー源がしっかり補給されるためです。糖質制限やカロリー制限をしているダイエッターに、1日3食しっかり主食を摂るように指導したことで、「食べることを考えなくなった」「食欲が落ち着いた」という変化を感じた方はたくさんいます。

また、それによりお菓子などの無駄なカロリー摂取がなくなり体重が落ち始めた、という方もいます。茶碗1杯分のご飯であれば適量です。今日からしっかり主食も食べましょう。

≫残り3つのタイプをチェック!

更新日:2014年02月21日

Tags: , , , , ,