ダイエット中でもデートの食事を残すのはNG!? 49.2%の男子が「食べ物を粗末にするなんて幻滅」と回答

薄着の季節へ向けてダイエットを考えて、食事を制限するということ、ありますよね。デートのとき、もしダイエットのために食事を残すと言ったら、男性はどのように感じるのでしょうか? 働く男性に聞いてみました!

Q.「ダイエットのためだから」とデート中の食事を残す女子をどう思いますか。

ダイエット中とはいえ食べ物を粗末にするのは幻滅 49.2%
一生懸命でかわいい 25.4%
デート中は空気を読んでちゃんと食べてほしい 16.1%
その他 9.3%

もっとも多かったのは「幻滅」という意見。全体の半数近くがこの回答です。でも次に多いのは「かわいい」という意見。これはどういうことなのでしょうか? 具体的に掘り下げてみましょう。

■ダイエット中とはいえ食べ物を粗末にするのは幻滅

・「注文や店を選ぶ段階で、きちんとそういった意見を言うなり、選ぶなりすれば避けられることだから」(29歳/医療・福祉/技術職)

・「最初から少なめなメニューを頼めば、無駄にならない」(34歳/情報・IT/技術職)

・「残すような料理を頼まないで欲しい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「そのような性格だと思うので」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

デートでは男性側が食事代を負担することはよくあること。楽しいデートのために用意した食事が無駄になってしまうようで、男性としては残念な気持ちになることもあるのかもしれません。食事制限をしているときは、そのことを伝えるか、食べられる分だけ注文してほしいという意見が圧倒的でした。

■一生懸命でかわいい

・「けなげだと思う反面、多少残したぐらいではさほど効果はないのではないか? とも感じる」(34歳/情報・IT/技術職)

・「自分が食べれば済む話だから」(25歳/農林・水産/技術職)

・「それほどまでに頑張っているのが、けなげだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「無理して食べて、太っても大変だから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

食べ物はもったいないけど、一生懸命努力している気持ちは認めてあげたい、というのが「かわいい」と回答した男性たちの心情のようです。無理して食べ過ぎなくてもいいように、あらかじめ食事制限をしていることを伝えておけば、デートのときに困らなくて済むかもしれません。

■デート中は空気を読んでちゃんと食べてほしい

・「注文のときに少なめで頼めばいいこと。もったいないし、デートのときくらいはちゃんと食べればいいと思う」(32歳/情報・IT/技術職)

・「残さないように頼んでほしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「雰囲気は大事でしょう」(26歳/電機/営業職)

残してしまったにしても、食べてしまったにしても、後悔が残るのは考えもの。デート中は食事そのものの内容というより「一緒に楽しく食事したい」という気持ちが、男性側にはあるようです。どの程度までなら食べても安心か、見当をつけるのも難しいかもしれませんが、食事は腹八分目とも言いますし、頼みすぎないようにすることも大切ですね。

■その他

・「残したら自分が食べる」(30歳/金融・証券/営業職)

・「残したら自分が食べるから関係ない」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「一生懸命でかわいいとは思わない。仕方ないとは思う」(29歳/金融・証券/専門職)

・「やせすぎダイエットは理解できないけど、反対してもしょうがない」(38歳/機械・精密機器/技術職)

その他の意見は「仕方ない」と「自分が食べる」の二手に分かれる結果となりました。食事制限で痩せることは健康的ではないのではないか、という、心配しているような意見も見られました。

できるだけ女子の意思を尊重しつつ、楽しいデートが出来たら……というのが、ほとんどの男性の気持ちのようです。「最終的には自分が食べてでも食事は残さないようにしたい」というほど、食べ物を残すということには抵抗を感じている様子。やさしい彼氏が食べ過ぎになってしまわないよう、食事制限をしたいときには、そのことも相談してみましょう。頼られるのが大好きな男性であれば、楽しいデートのために、適度な食事の量を一緒に考えてくれるはず!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数118件。22歳~39歳の社会人男性)

Tags: , , , , ,