ストレス食い・過食から抜け出すための11ヶ条+α

過食地獄から抜け出そう!

断ち切りたい!過食の欲望。

なにか嫌なことがあった時や、頑張っているのに報われない時、ダイエット中なのに無性に食べたくて仕方がない時……。過食してしまう理由もタイミングも人それぞれでしょう。

以前私が過食症のようになった時、私の場合は、仕事の悩みや痩せていなくてはいけないことへの執着、理想と現実のギャップ、そして太っている自分への嫌悪など……本当はもっとごちゃごちゃした理由はあったのでしょうが、こんな感じです。

そしてきっかけは極度なダイエット。食べないダイエットを続けたあと、せきを切ったように食べ始めました。まさに食欲の暴走。その、食べてる時のトランス状態を覚えてしまったのが始まりです。

ストレスを感じている時に、ちょっと食べ過ぎちゃったり飲み過ぎちゃった程度で、次の日からはまた普通通りの食生活を送れる人であれば、たまに食でストレスを発散するのもアリなのかなと思います。

本当は食以外でのストレス発散方法を見つけたいところですが、美味しいものを美味しい!と笑顔で食べたり、気のおけない友人などと一緒に食べる食事は、少し食べすぎたくらいでも「よし! 明日からまた頑張ろう!」という気持ちの切り替えもでき、上手に食でストレスを発散できているということになるのだと思います。

でも今回の記事は、そんな程度ではない、食べることに思考を囚われてしまう人、お腹もいっぱいで苦しいのに食べてしまう、友達との食事の後なのにコンビニで食べ物を買い込んでまた食べてしまう、一度食べ出したら止まらない、止めたいのに止められなくて苦しい……、そのような人向けになっています。

そして、ダイエット中で食べ過ぎないように気をつけている人、ダイエット中に食欲に翻弄されないためにもおすすめです。

「過食するのは自分が幸せじゃないから」そんなことわかってる!

この言葉、聞いたことありますか? 対人関係や恋愛、仕事、育児、ダイエットなどなど。なにかしら今の自分に不満があったり、自分に満足していない、思うように人生すすまない、そんな心の隙間を埋める為に過食してしまう人は多いです。なので、過食を止めたいならその原因をなくせばいいのよ、と、人は簡単に言いますが、それがそんなに簡単なことだったら苦労しないですよね。

もちろんその原因を改善し、自分が自分に満足でき、幸せになることが過食の克服に繋がりますので、個人個人負けずに努力することは必要です。でも、そのように頑張っていても、やはりたまにくじけてしまう、そんな時に過食の衝動が起こり抜け出せなくなる。そういう事もあると思います。そんな時にはこの記事を読んで、少し深呼吸し、過食の衝動をやり過ごすことが出来ますように。そして、普段から、過食に繋がらないような食生活や生活習慣を身につけていく助けになればと思います。

次ページ>過食から脱出するために>>>
Tags: , , ,