キノコラバーお待たせ!食物繊維だけじゃない「旬のキノコ」超絶パワー

過ごしやすい気候になり、食欲も復活。「秋の味覚を思う存分楽しみたい!」と意気込んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、秋に旬を迎えるキノコ3種類の美容・健康効果について、お話していきたいと思います。

 

■1:しいたけ(9~11月、3~5月が旬)

【美容・健康効果】

・ビタミンD・・・憂鬱な気分を晴らしたり、カルシウムの吸収を高めたりする働きがあります。カルシウムを含む食べものとあわせて摂るのがオススメ。

・エリタデニン・・・血圧やコレステロール値を下げ、生活習慣病の予防に働きかけます。

【美味しいしいたけの選び方】

(1)笠が肉厚なもの

(2)笠の裏が白いもの

(3)軸が太く、短いもの

 

■2:ぶなしめじ(9~10月が旬)

【美容・健康効果】

・リジン・・・ブドウ糖の代謝を促して集中力を高めたり、組織を修復する働きを持ちます。肝機能の強化にも役立ちます。

・ビタミンB1、B2・・・皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

・ビタミンD・・・憂鬱な気分を晴らしたり、カルシウムの吸収を高めたりする働きがあります。

【美味しいぶなしめじの選び方】

(1)笠が開ききっていないもの

(2)笠に張りがあるもの

(3)湿り気があるもの

 

■3:まいたけ(9~10月が旬)

【美容・健康効果】

・ビタミンB2・・・口内炎やニキビの予防に。脂肪を燃焼させる働きもあります。

・β-グルカン・・・免疫機能を活性化、ガン細胞の増殖を抑える働きに期待できます。

【美味しいまいたけの選び方】

(1)肉厚で張りがあるもの

(2)ツヤのある茶褐色をしているもの

(3)軸が密着しているもの

 

いかがでしたか? キノコというと、食物繊維が豊富というイメージがありますが、こんなにも多く栄養を備えているんですね。旬の美味しいキノコを、ぜひ夕飯のおかずに加えてみてくださいね。

 

【関連記事】

秋が旬「さつまいも・アボカド・玉ねぎ」が激マズになるNG保存法

さんま・栗・松茸!旬の食材「美容効果満点」な秋の味覚ランキング

※ あぁ気付いたら体臭キツ子に!「摂りすぎると悪臭を放つ」食品リスト

秋のNo.1美肌果実!「イチジク」をもっと最強にするレシピ公開

※ 1日1回は食べたい!−26kg料理研究家の「チアシード」絶品レシピ3つ

 

【姉妹サイト】

※ 習慣をすこ~し変えるだけ!「仕事が忙しくても痩せられる」方法3つ

※ 北川景子も大後悔!美容師直伝「失敗ぱっつん前髪」ごまかしテク2つ

 

【画像】

※ rebecca fondren / Shutterstock

Tags: , , , , , ,