たるんだカラダをスッキリさせる! ぽっちゃり返上プログラム<お正月太り解消>

お正月に太ったまま体型がなかなか戻らない、という人いませんか? 前回お正月太りを解消する、食事と運動での体型リセット法を紹介しましたが、今回はさらに的を絞った食事の改善法と少しだけ強度の強い運動で、なかなかもとに戻らない体型を戻すための方法を紹介していきます。前回に引き続き、パーソナルトレーナーの池田佐和子さんに聞きました。たるんだカラダをスッキリとスリムにして、ぽっちゃり返上しちゃいましょう!

◆ぽっちゃり返上プログラ(1) 最初の1週間「食事を改善してやせる! 3つのポイント」

「ここに紹介する3つのポイントに1週間気をつけるだけで、体重が1.5~2kgくらい減ってくるはずです」と、池田さん。そのポイントはこちら。まずは1日3食、1週間試してみましょう!

<食事の際に気をつける3つのポイント>
・塩分  ・糖分  ・油

 

◆ポイント1 「塩分」が多い濃い味つけに気をつけて!

「濃い味つけのものは大抵、塩分が多く含まれています。塩分は、太るいちばんの原因といっても過言ではありません。市販のお弁当やお惣菜、特にファーストフードやコンビニ食など、外食などの際には気をつけましょう」。まずは1週間だけでも、外食を控えめにしてみましょう。自宅での食事の際は、塩やしょう油などの調味料を控え、素材の味を活かした調理法に変えてみてください。

◆ポイント2 知らず知らずのうちにとりがちな「糖分」に注意

糖分は、知らず知らずのうちにとってしまっているのが落とし穴。「飲み物などに含まれている、人工甘味料で意外ととっていることも多いんです。何気なく飲んでいるコーヒーなども気をつけてくださいね。お菓子やケーキなどの甘いものを控えるのはもちろんですが、食べるなら和菓子に変えてみるだけでも、かなり糖分を控えられますよ」。飲み物や食べ物を選ぶ際に、これは糖分が含まれているかしら? とチェックしてから選ぶクセをつけてみましょう。

◆ポイント3 「油」は極力控える

油も太る大きな原因のひとつです。「外食でも自宅の食事でも、揚げ物などは控えるようにしましょう。自宅で調理をする際には、油を取り除いたりするなどして、極力、油を控えることを心がけましょう。ドレッシングも油が含まれているので、気をつけながら使用してくださいね」。少し気をつけて控えるだけでも、1週間続けてみると、体重や体型に変化が表れてくるそうです。

そのほか、「夜の炭水化物を少なめにするのもポイントです。ただし、炭水化物をまったくとらないのはNGです」。食事の量はそのままでも、炭水化物を少なめにするだけで効果的だそうです。

>(次ページ)では、ぽっちゃり返上エクササイズを紹介

Tags: , , , , , ,