こんなにおいしいのにクマ撃退!包丁だけでできる「丼もの」って?

美容マニア女子の間で注目されている「鉄分美容」、クマや冷えが治るかも!? ということでとってもオススメなんです。「鉄分をとるにはレバーを食べて」なんて言いません! 実はあのマグロがオススメなんです。包丁さえあればできちゃう美肌マグロ丼を3つご紹介します。

■鉄分を摂っているハズなのに「なかなか治らない」貧血、冷え性はナゼ?

野菜や海藻類などの鉄分は『非ヘム鉄』で、単体では体への吸収率が低いんです。なのでマグロやお肉など動物系食物から摂れる『ヘム鉄』と一緒に摂ると良いって知ってましたか?

それでも貧血や冷え性になっちゃう女子がいます。それは、鉄分をとっているにも関わらず、造血に結びついてないからだとか。野菜に含まれるビタミンCやキノコ類に入っているビタミンB群、海草や葉物野菜に含まれる『葉酸』と一緒に食べると鉄分からの造血作用が期待でき、貧血や冷え性が改善しやすいと言われていますよ。

■「チョイ足し」で美肌に最強なマグロ丼3選

●「トロロ+シソ+ごま」をプラス

炊きたてご飯にトロロをたっぷりとかけて! その上に新鮮なマグロと千切りにしたシソをトッピングして頂きましょう。 マグロの鉄分とシソのビタミンCで貧血改善が期待できます。また、マグロにはビタミンAも含まれるので、ゴマでビタミンEをプラスするとお肌の粘膜を強化して美肌に導く『ビタミンACE』が揃い、冷えと美肌にも嬉しい丼になりますヨ!

●「アボカド+海苔」をプラス

アボカドの油分はオレイン酸や不飽和脂肪酸で、むしろダイエットにも嬉しいんです! マグロは赤身の方が鉄分が多いと言われているのでトロなんかではなく赤身で頂きましょう。海苔をプラスすると葉酸もとれて◎!

●カフェ風サラダ丼に温泉玉子をトロ~リ

卵黄にも『ヘム鉄』が含まれるので、マグロとダブルで鉄分を摂れます。ご飯の上にベビーリーフを一緒にトッピングするだけでカフェ風ご飯に!

ベビーリーフはいろんな種類のレタスの赤ちゃんでもあるので、ビタミンCはもちろん、葉酸も豊富に含まれます。

同じマグロ丼でも、トッピングを工夫すればオシャレなワンプレートにもなっちゃうので、気分も盛り上がりますよ! 王道のわさび醤油の他、ポン酢や、お気に入りのドレッシングなどでも美味しいのでカレにもご馳走してあげてね。

(丸田みわ子)

【関連記事】

※彼の前ですっぴんになれない…真っ黒クマ女子を救う「●●」美容

【参考】

・VoCE 2014年3月号 講談社

・今泉 久美著(2012)『鉄分とれれば元気できれいに!』文化出版局

Tags: , , ,