おしゃれ番長は皆やっている?コソトレのススメ

美ボディラインで着こなす!表情豊かな秋冬ファッションで
旬の女をアピール!

おしゃれ番長の常識:
美ボディだからこそ楽しめる!恋に仕事にファッションに貪欲な女は、コソトレを欠かせない! 体を磨かずして女を上げるなんてありえない?!

今年の秋冬のラインは、セクシーなタイトスカートや、網タイツでパンクテイストを演出したり、はたまたジャージー素材でミリタリー調のクールな女になってみたり、カメレオンのような変わり身の早い、セクシーで表情豊かなラインナップになっています。ファッション雑誌でみるモデルさんが格好よく着こなしているのを見ると、ついつい「よし、今年はこれだ!」と想像しながらワクワクしがちですよね。

が、しかし!ここで気を付けなくてはいけないのが、「ボディラインが明暗を分ける」です。特に、タイトスカートでお腹やお尻がパンパンになっていたら? 網タイツでボンレスハムのようになっていたら? ジャージーが単なる寝間着になっていたら? それは悲しさを通りこして、痛い女になり兼ねません。そこで、難易度の高い服を着こなす準備=エクササイズを始めましょう。

今回ご紹介するのは、二の腕、お腹、お尻、太もも、ふくらはぎを引き締めるダンベルエクササイズです。基本的な動作は、スクワットがベースになっているので、全身スッキリさせつつ、ターゲットも絞ってパンチの効いたボディラインに仕上げていきます。


タイトスカートをセクシーに履きこなす、ワンランク上を目指す
エクササイズ

この動作は、基本的なスクワットにダンベルを使い、負荷を掛けます。ダンベルが重すぎると正しく動作が出来ないので、重さは0.5~1キロを目安にしましょう(もしくは、ペットボトル入れたお水の量で調整でもOK)。

スクワットは、太ももとお尻、そして意外かもしれませんが、お腹にも効果があります。とりあえず、ワンランク上を目指したい!という人は、このエクササイズを着実に実行してみて下さい。週3~4回×3週間の実践で、自分でも驚くほど下半身がスッキリしてくるはずです。

動作1

1.ダンベルを両手に持ち、つま先は正面に向け、足を1メーター弱開きます。両手を胸の前に伸ばします。




 

動作2

2.そのまま、息を吐きながら両膝を深くまげ、腰を下ろします。この時、つま先よりも膝が前に出ないように注意しましょう。また、脚の付け根を床に近づけるイメージで、腰が反ったり、丸まったりしないように注意しましょう。 

 

動作3

3.そのまま息をすきながら、膝を伸ばし元の位置に戻ります。2~3の動作を15回×2セットを目安にトライしましょう。



 
次のページは、女の底力を上げるエクササイズの紹介です。

Tags: ,