『ザ・トレーシー・メソッド』の痩せ理論と実践方法

「ザ・トレーシー・メソッド」とは?

エクササイズDVD&BOOK『ザ・トレーシー・メソッド~マット・ワークアウト編』は、美意識の高い女性たちの間でアッという間にブームとなり、未だにその人気は衰え知らずの様子です。

DVDでは脚・腹・腕の3つの部位別に、ザ・トレーシー・メソッドの考案者であるトレーシー・アンダーソンがパーソナル・トレーナーとなってマット・ワークアウトを分かりやすく指導。収録されている内容は、どんな体型の人にも効果が現れやすいベーシックなエクササイズとなっているのも魅力です。

今回は、そんな「トレーシーの正体とは?」「ザ・トレーシー・メソッドの理論とは?」「実践方法は?」を詳しく解説していきたいと思います。

トレーシー・アンダーソンの正体は!?

美意識の高い女性達の間で大人気! 「ザ・トレーシー・メソッド」 DVD付 3000円(マガジンハウス/049-275-1811)

ザ・トレーシー・メソッドの開発者であるトレーシー・アンダーソンとは、マドンナやグウィネス・パルトロウなど一流セレブたちに支持されるカリスマトレーナー。LAやNYにもスタジオを持つ彼女の出発点はダンサーで、プロダンサーを目指してニューヨークで学校に通っていた頃、体重が大幅に増えたことをきっかけに、ありとあらゆるフィットネスを研究し始めたのだそう。

その後、これまでに150人もの女性に個別プログラムを指導し、リサーチを続けた経験を活かして独自のメソッドを開発。どんな体質の女性でも、マッチョになることなく、理想的なダンサータイプの身体に変えられるプログラムを確立したそうです。

ザ・トレーシー・メソッドの理論とは?

トレーシーのメソッドは、これまでのどのワークアウトとも異なる新しいアプローチが特徴。全身に備わっている約600種類の筋肉をトータルに捉え、多くの細かい筋肉を刺激することで、小さくキュッと引き締まった女性らしいボディに導くというもの。

そんなザ・トレーシー・メソッドは、1週間に4~6回続ければ確かな効果が実感できるとか!? 次から詳しく解説していきましょう。

理論1 600ある筋肉をバランスよく使う
人間の体には大小あわせて約600もの筋肉があり、お互いに連携し合って様々な体の動きを可能にしているというのがザ・トレーシー・メソッドの基本的な考え方。一方で、ほとんどの人は600の筋肉をバランスよく使えていないのだとか。そこで、すべての筋肉を呼び覚まして、600の筋肉をまんべんなく使いエクササイズするのがトレーシー・メソッドの特徴。こうすることで、女性らしく美しい引き締まった体を作ることを可能にします。

理論2 アクセサリー・マッスルを動かす
普段うまく使えていない小さく細かな筋肉=アクセサリー・マッスルに刺激を加えて、筋肉を細く小さく引き締めるのがトレーシー・メソッドの目的。ダンスの要素を多く取り入れたエクササイズは、たくさんの小さな筋肉をつなげて稼動させるのに有効で、理想の体をデザインすることができます。

理論3 有酸素運動効果で脂肪を燃焼
元ダンサーの彼女が開発したザ・トレーシー・メソッドはダンスの動きも組み込まれ、有酸素運動としての効果も高いのが特徴。リズムに乗って動くことで、筋肉をつなげて刺激するだけでなく、全身に酸素を送ることが可能。特にエクササイズ中に呼吸を止めないように意識することで、脂肪燃焼効果がさらにアップします。

理論4 1週間に4~6回で効果を実感
始めて数日はピリピリとした筋肉の痛みを感じることがありますが、これは体が生まれ変わり始めている証拠で、トレーシー・メソッドの効果は早い人だと1週間で表れるとか! 一度筋肉の改造がスタートしたら、あとはコンスタントに継続することが重要。1週間に6回が理想ですが、まずは4回を目標に、できるプログラムを選んで30分だけでもいいから続けることが肝心。
Tags: , ,