「1日に3時間立つことはマラソンをするのと同じくらい健康に良い」と専門家が主張

「1日に3時間立つことはマラソンをするのと同じくらい健康に良い」と専門家が主張

仕事で毎日忙しく日々の生活に追われていると、定期的に運動を続けることはなかなか困難である。そんなエクササイズする時間の余裕がない人や、特に立ち仕事をしている人に朗報だ。ある専門家が「1日に3時間立つことはマラソンをするのと同じくらい健康に良い」と主張しているのである。

・多数の成人が週30分の運動もできていない状況
イギリスでは政府により、1日30分間の運動を週5日続けることが推奨されているが、実行できている男性は7パーセント、女性は4パーセントにしか満たないという。成人の4分の1以上が、週に30分運動することさえままならない状況なのである。

・1日3時間立つとフルマラソン10回分と同じ運動量
そんななか、英スポーツ健康学会で運動医学の主顧問を務めるマイク・ルースモア医師は、「週5日間、1日3時間立つことは、年に10回フルマラソンを走るのと同じくらいの運動量である」と主張しているのだ。

・少量の運動をみくびるべからず!
政府が推奨する運動量には満たなくとも、ただ立っているだけで真っ直ぐ立つために体中の筋肉を使っているのだ。“大して健康への効果はない” と少量の運動は見過ごされがちだが、何もしないよりは健康促進を見込めるとのこと。

・立つ時間を長くするだけで効果あり
1日3時間立つだけでも減量の助けとなり、コレストロール値や心臓疾患・糖尿病になる危険性を減少させることができるのだ。いきなりスポーツジムに通うことは無理でも、日々の生活に少量の運動を取り入れることで健康への効果が期待できるのである。

・余分な動きをする努力が必要
このほかルースモア医師は、エスカレーターを階段のように上ったり駐車場では一番遠くに車を停めるなど、余分な動きを加えるよう心がければ変化を起こせると述べている。

ちなみに余談で申し訳ないが、一日中座って仕事をしている筆者も立って仕事がしたいと思ったことがある。そこで背の高い机はないかとネットで “高い机” と検索したら “値段の高い机” ばかりが検索結果で出てきてしまったことがある。健康のために、少しでも体を動かすよう心がけたいものだ。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

オリジナル記事: 「1日に3時間立つことはマラソンをするのと同じくらい健康に良い」と専門家が主張
Copyright© ロケットニュース24 / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

Tags: , , ,